レンタカーを借りるため、第一ターミナルから第二ターミナルへスカイトレインという空港内の電車で移動します。私は今まで用がなく、スカイトレインには初乗車。

第二航廈電車 という表示を探して乗り場を目指す!

乗り場まで、結構遠い。

途中坂道があったり、大荷物と赤ちゃん連れには若干めんどくさいです。

それなら到着した第一ターミナルで車を借りればいいじゃない!と思われるでしょうが、できなかったのです( ;∀;)というのも車を借りるのに電話でのやり取りに自信がなく、空港内にカウンターがある会社で借りたい。

そうなると選べるレンタカー会社は、

第一ターミナル→CB租車(台湾系)

第二ターミナル→和運祖車(台湾系)またはAVIS(アメリカ系)

という選択肢なのですが、CB租車は会員番号(台湾人じゃないとだめ?よくわからず。)がないとネットからは予約ができず、断念。和運祖車と迷いつつも、今回はAVISで借りることにしました。

ようやく乗車☆

乗ってしまえば、第二ターミナルまであっという間です。

到着ロビーでAVISのカウンターを探していると、和運祖車はすぐに発見☆近くにありそうなのに探してもなぜか見つからず、ライバル社にAVISはどこですか?と聞く始末。

するとその後方にありました。

このまーるい青い看板が目印 ↓

予約確認書、免許証、クレジットカードをカウンターへ提示し、手続します。基本的に対応は英語でしたが、細かい事項や保険・補償内容について日本語の書類がもらえたので一安心。

その後、ロビーから歩いてすぐの停車場へ。車の傷チェック、チャイルドシートの設置をしてもらい、準備完了。

チャイルドシートは予約時にオプションでつけました。

ただし、在庫があるか当日にならないとわからないとのこと。ていうか、在庫なかったらどうしたらいいの?自分で買うのか?と疑問です。とりあえずあったので良かった(-_-)

ガソリンは満タンにしてあるので、そのまま出発できます。

高速代はどうするの?と思ったのですが、ETCのように個々でクレジットカードを挿す必要はなく、車の返却時にレンタカー会社でまとめて精算するシステムでした。

車にe-TAGというシールが貼ってあって、それを読み取っているらしい!

台湾ハイテク!!!

まずは今日の宿泊地、花蓮を目指し出発!

車関係、あってよかったもの、いらなかったもの

☆あってよかったもの

・窓の日除け
10月とはまだまだ台湾は日差しが厳しいです。チャイルドシートにも日除けはなかったので、持って行って良かった。

このペタッと窓に貼るタイプが便利でした。

かさばると思いきや、クルっと丸めるとコンパクトになります。

・車用スマホ充電器、WIFIルーター
カーナビ代わりにスマホを使うので、必須でした。

・ドライブレコーダー
万が一の事故に備えて。また大切な旅の記録に。なかなかない経験だったのでとてもいい思い出になりました。これから動画も載せていきます!

☆いらなかったもの

・カーナビ
実は借りようとしてカウンターで聞いてみたら、いらない!iPhone!と即答されました(笑)スマホでグーグルマップを使えば日本語で案内してくれるので、不要です。

いつも読んでいただき、ありがとうございます。謝謝大家~♥
ブログランキング・にほんブログ村へ     にほんブログ村 旅行ブログ 台湾旅行へ
にほんブログ村


台湾ランキング

(次が新しい、前が古い)