これまでの旅とは勝手が違う今回の旅。

まず気になったのが、航空会社です。

最近はもっぱらLCCを愛用していたのですが、なんとなく赤ちゃん連れにはサービスが手厚い非LCC(ってなんて言うの?)の方がいいのかな?と思ったり。

でもLCCのお得さは捨てがたいので、以下の条件で各社検討してみることにしました☆

・成田発
・行きは午前便、帰りは午後便
・直行便

この条件に該当した、非LCCのJAL、ANA、チャイナエア、LCCのバニラエアの4社を検討した結果・・・

第一候補は、

バニラエアでした!!!

というのも、バニラエアは行きが9時台、帰りが16時台という一番長い滞在時間にも拘わらず、一番お値段が安かったのです。LCCにありがちな深夜、早朝便のような過酷なスケジュールはもう選べないので、これはうれしい!

逆にバニラエアの気になるデメリットは、座席が狭いのと赤ちゃん向けのサービスがない点でした。

ちなみに座席はこの狭さ。
IMG_2908
我が子は1歳なので座席はなく、大人が抱っこします。(生後8日~2歳未満まではそれでOK!なんと片道一律1,500円。安い!)

狭い上にずっと抱っこしているのはきつそうですが、台湾線は3~4時間と長いフライトではないのでなんとかなるか、交替で抱っこすればいいし。ということでOK!

つづいてサービス面。

バニラエアのサービスは、こちら
赤ちゃん向けの特別なサービスはありません。でも何か困った場合は遠慮なくCAさんに相談して~と書いてあるのを見て、安心しました。

非LCCのJAL、ANAの国際線赤ちゃん向けサービスも調べてみました☆
・JALは、こちら
・ANAは、こちら

機内での赤ちゃん向けサービスは主に

・バシネット(赤ちゃん用ベッド)
・オムツ
・ミルク
・離乳食
・おもちゃ

といったところでしょうか。

さすが、至れり尽くせりです。これを活用すれば機内に持ち込む荷物はかなり減らせそう。赤ちゃん連れも多いだろうし、手厚いサービスは安心感があります。

でもなー。

ひとつずつ検討した結果、

・バシネット→まだ歩かないけど立てる1歳児がおとなしく寝るのか?(ベビーカーさえ嫌い)
・ミルク→母乳も飲めるので不要
・オムツ、離乳食、おもちゃ→使い慣れたものや好みのものを持っていく予定

という感じで、我が家には必要ないかなという結論に達しました。

結果。。。

スケジュールと価格が素敵、日系なのでなにかと日本人には安心、過去に何度も利用して満足している、なにより子連れでのLCCってどうなの?と前から気になっていたこともあり、バニラエアにお世話になることにしました☆

いつも読んでいただき、ありがとうございます。謝謝大家~♥
ブログランキング・にほんブログ村へ     にほんブログ村 旅行ブログ 台湾旅行へ
にほんブログ村


台湾ランキング