なんとなくお粥だけでは物足りず、朝ごはん2食目(笑)に通りすがりの気になったお店に入ってみました。

新竹肉圓
DSC00718-
なんと創業1910年。百年以上の老店(老舗)♡期待が高まります。

なぜかお花畑の壁紙でファンシーな店内。
DSC00714-
着席したら、注文は記入式(注文の紙、撮るの忘れた・・・)システムは大体どこのお店もこんな感じ↓

①まずテーブルの上とか脇とか周辺にある注文票を探す(入口にまとめて置いてある場合も多い)

テーブルについている番号(桌號)を書いて(元々書いてくれてる場合もある)、あとは料理名のところに個数を書き入れる!

③適当な店員さんに渡す

以上☆

日本人は漢字が読めるので記入式は注文しやすくて助かります(^_^)記入式じゃない時は店員さんにメモに書いて渡すか、メニューを指差ししてます。

注文は簡単だけど、逆によくわからず悩むのが、お会計システム。注文時に払うのか、注文の品が来た時点で払うのか、最後にまとめて払うのか。レジがあれば最後に注文票を持っていけばいいけど、ない場合も結構あるので、その時は周りのお客さんの様子を見ながら真似してます。本当によくわからん!っていう時は最後に適当な店員さんに渡します。(ここもよくわからず、店頭のキッチンの人に渡した)

注文・お会計ともに日本と違ってゆるーい感じ☆記入式じゃない場合、頼んだものと金額がわかんなくなったりしないのかなーっていつも不思議に思う。

来た来た☆

魯肉飯
DSC00715
台湾の定番、甘辛く煮込まれたお肉がかかったごはん。お店によって味、香り、脂っこさが違うので見かけたら食べてみる。ここのお店は脂身多めで私には苦手なタイプだった・・・前日の魯肉飯の方が好みに合いました。

魚のすり身揚げ?入りとろみスープ
DSC00717

ワンタンスープ
DSC00716
魚スープとワンタンはかなりの薄味。テーブルの調味料を入れて自分で調整するのかも。

と頼んだものは普通であまり印象に残らない感じだったんですが、悔やまれるのが、肉圓を食べなかったことー!!!肉圓とは、もちもちの生地でお肉・野菜などを包んだもの。揚げたタイプと蒸したタイプがあるらしい・・・。新竹肉圓っていう店名から、これが看板商品だったと思われます(^_^;)店内のお客さんも殆ど肉圓を注文していました。

私は食わず嫌いで、まだ肉圓食べたことないんですよね。せっかくなら老店で食べてみれば良かったな~新しい世界が開けたかも(^_^)前に美味しかったものをリピートしたくなるタイプですが、未知のものにも挑戦しなきゃね☆

ここに来たら、ぜひ肉圓を頼んでみましょう!(食べてないけど)

新竹肉圓
台北市廣州街165號

台北市廣州街165號

いつも読んでいただき、ありがとうございます。謝謝大家~♥
ブログランキング・にほんブログ村へ     にほんブログ村 旅行ブログ 台湾旅行へ
にほんブログ村


台湾ランキング