2016年もあっという間に2月になってしまいましたね。日本ではもはや新年気分はありませんが、台湾は旧暦で祝うので、実はお正月はこれから!!

毎年日付が変わるのがややこしいなーって思うんですが、今年は2/7が大晦日、2/8が元旦、2/22がランタンフェスティバルなどのイベントが行われる旧暦の1/15(元宵節)となっています。

元宵節と言えば、有名なのが台北のお隣新北市で行われる、平溪天燈節
IMG_1141
一斉にランタンを上げる、幻想的なイベントです。2年前に見てきたので、また別の記事で色々ご紹介したいと思います(^_^)/

台湾観光協会で、ランタン関係のイベントの日程がアップされていました。

以下、台湾観光協会サイトより引用

「2016台湾ランタンフェスティバルin桃園」開催のお知らせ 2016/2/22~3/6

主催:台湾観光局・桃園市政府
開催期間:2016年2月22日(月)~3月6日(日)
会場:台湾高速鉄道 桃園駅周辺特設会場、青塘園・桃園国際棒球場(野球場)周辺

米国のディスカバリーチャンルで最も素晴らしいフェスティバルにも選ばれた「台湾ランタンフェスティバル」は、2016年は台湾最大の空の玄関口「桃園国際空港」のある桃園市で開催します。春節(旧正月)が明けて初めて迎える満月を祝う元宵節シーズンに催される台湾ランタンフェスティバルには、日本をはじめ諸外国から年を重ねるごとに多くのお客様が訪れるようになり、名実ともに台湾を代表するフェスティバルとして発展し、その地位を確立しました。台湾各地で毎年会場を移しながら27年目を迎える同フェスティバルの今年2016年は、台湾高速鉄道(台湾新幹線)桃園駅周辺に特設会場を設けるほか、青塘園から桃園国際棒球場(野球場)周辺に至る広大なエリアで数万を数える大小さまざまなランタンが披露され、灯りを点します。

主会場には今年の干支である申をテーマに「金猴献桃」と名付けられたメインランタンのオブジェをはじめ、ハイテク王国「桃園」を象徴する「インテリジェンスシティ」、観光工場による「童話夢工場」、史上初長さ500メートルを超す「桃園物語回廊」、プロ野球チームLamigoが参与した「多元交流」、青塘園の景観とコラボさせた「新桃花源」など趣向を凝らしたテーマランタンエリアが企画準備されるなど、開催期間中は多種多様なランタンオブジェから放たれる色鮮やかで温かな灯りが特設会場一帯を包みこみ、この時期ならではの光り輝くシーズンを華やかに演出します。

このほか、旧暦1月15日(2016年は2月22日)の元宵(げんしょう)シーズンにちなんだランタン祭りやさまざまな伝統祭り(下記一例)が台湾各地で開催準備がすすめられています。光り輝くシーズンを迎える台湾の旅をぜひお楽しみください(最新開催情報は各市政府にてご確認ください)
台北市:台北ランタンフェスティバル(2016年2月20日~29日) 花博圓山公園ほか周辺市街区
高雄市:高雄燈会・ランタンフェスティバル (2016年2月10日~22日) 高雄愛河周辺
新北市:平渓天燈フェスティバル (2016年2月11日菁桐小学校/2月14日平渓中学校/2月22日十分広場) いずれも18:00~21:00)
台南市:月津港燈節(2016年1月30日~2016年2月28日) 17:30~23:00 台南塩水老街(台南市塩水区橋南里橋南街、台南塩水蜂炮・塩水武廟 (2016年2月21日夜から22日未明開催)
嘉義市:嘉義跨年燈會(2015年12月19日~2016年2月22日)、花蓮太平洋燈會(1月30日~2月29日)、南投燈會(2月6日~2月22日)、中部豊原元宵燈會(2月17日~2月22日)、彰化燈會(2月20日~2月22日)

2016/01/12(1) 台湾観光局/台湾観光協会

元の記事はこちら⇒http://www.go-taiwan.net/index.php/news/359-2016lantern.html

台湾の年末年始休みは?

今年は、一般的には2/6〜2/14の9連休。私は旧正月真っ只中に台湾を旅したことはないのですが、休みになるお店も多いみたい。交通機関も混むらしいので、この時期に台湾に行かれる方は注意が必要です。(逆に新暦の大晦日、元旦はいつも通りお店も営業していました。)

以前、元宵節(今年は2/22)付近に台湾を旅した時には特に困ることもなかったので、ランタンフェスティバルもあるし、観光客はその辺りを狙った方が楽しめそうですね(´∀`)

いつも読んでいただき、ありがとうございます。謝謝大家~♥
ブログランキング・にほんブログ村へ     にほんブログ村 旅行ブログ 台湾旅行へ
にほんブログ村


台湾ランキング